北欧音楽を弾きたい(東京近辺)

北欧音楽というよりも、ニッケルハルパやスウェーデンのという感じですが、東京ヨハンソンメンバーもよく足を運ぶ東京近辺の北欧音楽の集いをまとめました。

 

 

 

スペルトレフ/かたつむりトレフ

 

日本ニッケルハルパ協会主催によるスペルトレフは「みんなで集まって気楽に弾こう」というイベント。

基本的にアコースティック楽器ならなんでも大丈夫というものですが、ニッケルハルパ弾きが圧倒的に多く集まります。また、弾かれる曲もスウェーデンのトラッドがほとんどです。

みんなで輪になって、順番に曲を出し、弾ける人が弾く、という形式ですが、曲を出す際に「自分は弾けないけど好きな曲」や「練習中でちょっとおさらいをしたい曲」「弾ける人に教えて欲しい曲」などを選んでも全然大丈夫という緩やかな空気があります。また、演奏自体もユニゾンでみんな一緒というわけでなく、カウンターを弾きたい人はカウンターを、ドローンを弾きたい人はドローンを、装飾入れたい人は装飾を入れながら、など制約はほぼありません。

個人的にはスペルトレフにはレコーダー持参がベターだと思います。

 

かたつむりトレフは、「ゆっくり、しっかり、ひとつずつ曲を覚えていきたい」という人向けのイベントです。毎回事前にその日やる曲が案内され、じっくり弾くことができます。

日程や弾く曲は、ニッケルハルパ協会のブログにて案内があります。

参加費500円。

 

また、ニッケルハルパ協会では、「スペルマンスステンマ」や「オリセントレフ」など様々なイベントをやってます。詳しくは上記リンクからブログをチェックしてみてください。

 

北欧セッション

 

毎月第3土曜日、東京巣鴨のレソノサウンドにて開催。

北欧音楽のプレイヤーと、その他の音楽(アイリッシュ等)のプレイヤーとが集まります。その日その日によりますが、比較的色々な楽器、色々な音楽をやっている人の集いという感じです。

この「北欧セッション」は楽譜が用意されていて、初めての方でも(楽譜が読めれば)結構スムーズに入っていけると思います。

参加費500円。

 

スペルマンスラーグ東京

 

月一回、日曜日に台東区金杉区民館にて開催。

スウェーデンのフォークダンスに興味のある方、フォークダンスの伴奏に興味のある方、そしてその両方。そんな方々にピッタリともいえるのがこのスペルマンスラーグ東京です。ダンスを踊れるようになりたい演奏家と生演奏で踊りたいダンサーとが手を組んで始まったこの会は、時に厳しく、時にはぬるく、スウェーデンのダンスを踊ります。どちらかというとダンスがメインの会です。

見学だけでの参加も勿論大歓迎ですが、楽器か底が滑る靴を持ってきた方がより楽しめると思います。

参加費500円。

 

弾き散らかし

 

不定期。だいたい代々木公園にて開催。

東京ヨハンソンの原点であり、今日紹介した中で唯一我ら主催によるイベントである弾き散らかし。寒くなく暑くなく、晴れか曇りの土日休日、外で弾きたいと思ったらやります。もしくはやりたいと言っていただければやります。

基本的には参加者全員の共通のレパートリを探り探り弾いていくので、何を弾くかは参加メンバーによって結構変わります。時々「祭」と称した縛りプレイ(例えば「サールストローム祭」という名の、エリック・サールストロームの作曲した曲しか弾かないよいう時間帯が突如始まったり)もします。

参加費無料。

 

 

 

ご興味のある方、是非御一報ください。

コメント